我々は多忙な船主殿の代行、又はアドバイスを行い、船舶の修繕費を削減します。
入渠工事では事前に各機器の事前確認を元に、各工事の必要性を助言致します。
また、入渠立会を行う事により作業内容を把握し落成見積金額の
根拠を探り、造船所側との円滑な協定が可能となります。

日東マリテック株式会社 監督室
日東タグ グループ会社)
TEL : 086−441−3161

→→→→ お問い合わせフォーム ←←←←

船種は問いませんが、特にタグボートについては豊富な経験を有し、
構造が複雑なZ型推進機(川崎REXペラ、新潟Zペラ)に対する知識も豊富です。

1.入渠修繕費の削減
  過去に蓄積した入渠ノウハウを最大限に
  活かし、入渠費を削減します。
img1

img2 2.入渠工期管理
 (1)工事量、内容より妥当な日数を割り出し、
   最短工期を導き出します。
 (2)入渠中は渠中工事を最優先とし、工期を厳守し
   可能な限り早く、営業運航に復帰させます。

3.船の診断書を作成
 (1)診断書があれば、整備計画を立てやすく、
   次回入渠工事の計画段階でも役に立ちます。
 (2)各主要部品の使用時間が一目で分かり、
   事前準備が可能となり、部品待ちで入渠工事が
   止まる事を防止します。
 (3)診断書がそのまま、整備記録簿となり
   機関長の交代時等に引継が容易となります。
img3